ウェディングアイテムは思い出にもなるからということで自分で手作りをしたり、買い取ったりすることもできます。
しかし手作りをする時間もないし買取もしたくないというのであれば、レンタルという方法もあります。
実は意外と借りることができるものは多くあり、低コストでより可愛く、華やかな結婚式にすることができます。
当サイトでは結婚式に当たってどんなものを借りることができるのかについて紹介していきたいとおみます。

ウェディンググッズでレンタル可能なアイテム

ウェディンググッズでレンタル可能なアイテム 実は思っているよりも色んなウェディングアイテムをレンタルすることができます。
一般的な衣装やアクセサリーだけではなく、机やソファ、ラグ、受付で使うようなアイテム等様々なものがあるのです。
インテリアとして使うことができるものもウェディングアイテムとしてレンタルすることができるため、自分の望む結婚式に近付けることができます。
生花にこだわりがないのであれば、造花のブーケや花冠もおすすめです。
生花よりもグッと費用を抑えることができて、ボリュームもあって華やかなものを使用することができます。
最近ではインターネットでも専門業者を見付けられるため、簡単に利用することも嬉しいところ。
買取が良い!というのでなければレンタルもおすすめですよ。

ウェディングドレスはレンタルがおすすめなの?

ウェディングドレスはレンタルがおすすめなの? 花嫁の憧れ、ウェディングドレス。
購入となると高そうなイメージがありますが、実際にはレンタルとどのくらい差分があるものなのでしょう。
まず、単純に費用だけで比べてみるとウェディングドレスレンタル代は22万円、購入代は24万円と思ったよりも差分はありません。
さらに貸し衣装を選んだ女性がドレス着用にかけた費用は、大抵の場合が25万円から30万円の間と言われています。
購入派は20万円から25万円と控えめです。
意識が違ってくるのか、ドレスへの金額負担は異なってきます。
「高くてもリーズナブルな価格でドレスを着ることが出来る」という理由が、レンタル派の女性の最も多い意見です。
普段なら手が届かない豪華な衣装やブランドものの衣装は、こうした時でなければ着用出来ないでしょう。
半面、他の花嫁さんと重複してしまった、というケースも見られます。
汚してしまうとクリーニング代も発生しますから、慎重に扱う必要があるのです。
購入派の場合、海外ウェディングなど多少汚しても構わないという状況で挙式を行った、という女性が多くなります。
シンプルなドレスでも、リメイクすればパーティー用として着られるという現実的な意見もありました。
自分がどのような状況で式を執り行うかも、判断の決め手となるようです。

結婚式に関する情報サイト

神戸 ウェディング

新着情報

◎2020/8/24

衣装はレンタル
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

パーティー用の靴はレンタルで
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「ウェディング グッズ」
に関連するツイート
Twitter